名古屋市

学習サポーターバンク
運営:子どもの縁の下サポーター

〒464-0856
名古屋市千種区吹上2-4-25 トラフィック吹上5階
子どもの縁の下サポーター サポーターバンク
TEL:052-753-3742 FAX:052-753-3741

アナタだからできること学習サポーター募集中

ベンキョウに困ってる中学生がいるらしいぞう?みんなでサポートするぞう!
登録の流れはこちら
名古屋市では、ひとり親家庭や生活保護世帯等の中学生を対象に学習支援事業を実施しています。
学習サポーターとは、学習会場で中学生の子どもたちと一緒に勉強してくれるスタッフです。
この学習サポーターを広く募集するために、「学習サポーターバンク」を開設しています。是非、ご登録ください。
「子どもの縁の下サポーター」は、名古屋市より学習サポーターバンクの運営等を行う学習支援コーディネート事業の委託を受けた事業者です。

学習サポーターの活動って?

  • 場所 : 名古屋市内各所
    (各区の児童館・生涯学習センター、地域のコミュニティセンターなど)
  • 報酬 : 1回3,200円程度(交通費別途支給あり)
  • 時間 : 1回2時間~3時間程度(平日の夕方など)
  • 内容 : ひとり親家庭や生活保護世帯等の中学生に対する学習指導

学習指導

勉強のわからないところを
「わかる」「できた」に変える

子どもの希望や学習状況に合わせた学習指導を行います。担当する子どもの理解度を確認しながら、わからないところを「わかる」「できた」に変えていきます。教材は子ども達が持参するものや学習会場に用意されているものを使いながら教えていきます。

寄り添い

子どもたちの難しい生活環境を理解し寄り添う

参加者の中には難しい生活環境で生活している子どももいます。学校の悩みや家庭の悩みなどを相談してくることもあるかもしれません。子どもたちの置かれた様々な状況を理解しながら寄り添ってくれる存在が、難しい環境の子どもたちの支えになります。

ロールモデル

身近な先輩として自分のことを伝え、
将来の自分をイメージしてもらう

子どもたちが将来の自分をイメージするためには様々な人との関わりが必要です。身近な先輩として学習サポーター自身の体験を伝えることで、子どもたちにとっての新しいロールモデルが増えることにつながります。多様な学習サポーターとの出会いが子どもたちの将来の選択肢を広げます。

学習サポーターのイイところ

  • ①社会的問題に取り組むやりがい
  • ②志を同じくする仲間ができる
  • ③コーチングスキルが身につく
  • ④様々な環境の子どもと接することが出来る
  • ⑤有償だから継続しやすい
  • ⑥社会人サポーターからアドバイスをもらえる
  • ⑦研修会やシンポジウムに参加できる

Special

子どもたちの未来にかかわることが出来る!!

登録の流れはこちら

先輩サポーターの声

  • 子どもたちとの交流や、仲良くなっていく過程がすごく楽しかったです。子どもたちの居場所だけでなく、自分の居場所にもなりました。
  • 今まで身近ではなかった存在と関わることができ、貧困の連鎖による学力の低下を実感できた。
  • 「理解できるようになった」や「学校のテストで点が上がった」などを生徒が教えてくれる度に嬉しくなり、一生懸命教えて良かったと思える。
  • 学習支援をしていくうえで、日々中学生の生徒から学ばせてもらうこともたくさんあり、何より生徒の「わかった!」「ありがとう!」という言葉と共に見せてくれる笑顔が最大のやりがいです。
  • 人前で話すことが苦手だったけど、気づいたら苦手意識がなくなっていた。
  • 教職課程の学生にお勧めの活動。教職に対する意識が変わります。
  • 「自分を必要としてくれる人がいるんだ」と思えたことで、自己肯定感を持てるようになった。
  • 「学習」は勉強だけじゃないという事を改めて実感しました。
  • わかりやすく、興味を持ってもらえるよう、どんな教え方をしたらいいかについて、他の学習サポーターと相談しながら一緒に考えることができる。
先輩サポーターの声

※一か所で複数の学習会を開催している場所もあるため、地図上の点の数は139より少なくなっています。

  • 千種区7会場
  • 東区4会場
  • 北区12会場
  • 西区9会場
  • 中村区7会場
  • 中区4会場
  • 昭和区4会場
  • 瑞穂区5会場
  • 熱田区4会場
  • 中川区19会場
  • 港区14会場
  • 南区10会場
  • 守山区10会場
  • 緑区14会場
  • 名東区9会場
  • 天白区7会場

事業所一覧 各学習支援会場は、各区の児童館指定管理者及び名古屋市から事業委託を受けた民間団体が運営しております。

学習サポーターFAQ

学習支援会場ではどんな活動をしていますか?
学習サポーター1名が3名程度の子ども達に対して学習の指導をします。また、学習指導以外にも子ども達の相談を受けたり雑談などもしながら、子どもの居場所になるように活動をしています。
学習会場はどのような場所ですか?
児童館や地域のコミュニティセンター、生涯学習センターなどを学習会場として開催しています。平成29年度からは消防署の会議室、大学の教室、高齢者施設などでも開催しています。
学習サポーターはどんな人が活動をしていますか?
全体として大学生の学習サポーターが多いです。また、社会人や退職をされた方など、幅広い年代の方々も活動をしています。
どんな教材を使って学習をしていますか?
子どもが持参した教材(学校のテキストや宿題など)を使って学習をすることが多いです。学習会場によっては教材(プリント教材や問題集など)を用意しているところもあります。
曜日や時間は決まっていますか?
会場ごとに決まっています。多くの会場は平日の夕方に1回2時間から3時間程度活動をしています。学習サポーターの都合に合わせながら活動に参加することができます。
家庭教師などの人に勉強を教える経験がなくても活動できますか?
学習サポーターに向けた研修会などもあるので、家庭教師などの経験がなくても大丈夫です。

あなたも学習サポーターの仲間になろう!登録の流れ

登録までの流れ

登録用紙をダウンロード

PDF版でダウンロードする Excel版でダウンロードする

登録用紙の提出方法

メールで!

登録用紙のデータをメールに添付してお送りください。

FAXで!

登録用紙を印刷してご記入のうえ、お送りください。

052-753-3741

郵送で!

〒464-0856

名古屋市千種区吹上2-4-25 トラフィック吹上5階
子どもの縁の下サポーター サポーターバンク宛